【0006栄養について2】炭水化物

【炭水化物(糖質)】
 1g当り4kcalの熱量をもつ体の主たるエネルギー源で脳の唯一のエネルギー源です。食品で考えるなら2種類のタイプに大別できます。果物、蜂蜜、砂糖、を含む単純炭水化物食品と、ご飯、麺類、パン、野菜、芋、豆類に含まれる複合炭水化物食品です。一般に前者は消化、吸収速度が速く、それら単独では血糖値の激しい上昇、下降を招きます。一方、複合的であれば、消化吸収が緩やかでエネルギーを持続的に送りこむことが出来きます。
 もうひとつ、炭水化物の消化吸収速度という側面から
「GI値」についても述べておきましょう。この値はブドウ糖の吸収速度を100としたときの各食品単独の吸収速度を指数化したものです。数字が低いほど、緩やかに吸収され血糖値を安定的に保ってくれます。何故、血糖値が急激に上がると困るかといいますと、一度に多量の糖分が血液中に存在してもそれらを身体が使い切れないため、脂肪細胞にストックされてしまうからです。もちろん体脂肪として…
 《食品とGI値》
上白糖:99  ★★★ サツマイモ:55
食パン:95  ★★★ バナナ:55
白米:88   ★★★ そば:54
ドーナツ:86 ★★★ プリン:52
うどん:85  ★★★ ツナ缶:50
蜂蜜:75   ★★★ トマト:30
白米+玄米 ★★★ 牛乳:25
かぼちゃ   ★★★ ヨーグルト:25
アイス     ★★★ 豆乳:23
玄米:55   ★★★ 寒天:12

 GI値60
かそれ以下の食品を選んで食べる方法が「低インシュリンダイエット」です。色の白いものが高値を示しています(白米VS玄米 上白糖VSきび砂糖 食パンVS玄米パン)。夜、遅い時間帯には果物や乳製品、野菜類を多く摂取すると血糖コントロールに効果的といえます。 炭水化物は大切なエネルギー源です。減量目的であっても、必要量を「複合炭水化物食品」から摂取することを忘れないようにしましょう。
 

テーマ : ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

パーソナルトレーナー紹介

高津 諭

Author:高津 諭
広島県出身
大阪・兵庫を中心に活動するパーソナルトレーナーです。
「食」「鍛」「整」をキーワードに、引き締まったカラダ=LEANBODYな体作りを実践・指導中。
あなたに適した筋トレの方法と、ダイエットの内容をわかりやすく伝えます。プロポーション改善、健康と競技力向上、目標とする身体作りをサポート

★トレーニング指導暦18年
■NSCA-CPT取得 
■NSCA-CSCS取得
■JFSA-トレーニング指導士取得
■NESTA-パーソナルフィットネストレーナー取得
■JATI-トレーニング指導者取得
■食アスリート協会・ジュニアインストラクター
■健康食育ジュニアマスター
    ・
    ・
○GOLD'S・GYM公認パーソナルトレーナー

○株式会社オージースポーツ   パーソナルトレーナー部門プログラムアドバイザー
○スポーツトレーナー協会NESTA JAPAN関西エリアマネージャー

京都産業大学法学部卒業
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代に関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
エアロビクス養成コースでのS&Cや専門学校で講師も担当しながら毎月100セッション以上の指導をコンスタントに行っている。
これまでの経歴を雑誌「NEXT」や「フィットネスジャーナル」で紹介される。
協会や大手フィットネスクラブでの指導者養成も手がける。


※)詳しくはCONTENTS内のプロフィールをご覧くださいませ

カウンター

メールで問い合わせる
LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニングへのお申込み、お問い合わせはこちらです

名前:
メール:
件名:
本文:

LEANBODY(S)TYEパーソナルトレーニングサービス・目次一覧
管理人が運営するブログ