【0028】脂肪燃焼!!有酸素運動のススメ③

有酸素エクササイズ・・・さて、なにをやりましょう?



脂肪燃焼・持久力アップのトレーニングの代表格は今トレンドのジョギング、ランニングかもしれませんが、持久力アップのエクササイズは色々あります。


 持続的でリズミカルな運動をフィットネスプログラムに組み入れることは大変重要です。
有酸素運動=エアロビクスとか酸素を必要とするという意味のエアロまたは心臓血管,呼吸循環器系を強化するという意味のカーディオなどと呼ばれるタイプのエクササイズになります。
GYMに行けばエアロバイク、ドレッドミル、エリプティカルトレーナーにステアクライマーなどがあり、プールが有れば泳ぐことも可能です。また屋外を走ったりサイクリングを行うことも全て、カーディオ系のエクササイズということになります。

これだけ選択肢があれば何れからやっていいのか何が一番効果的なのか、マシンと屋外ではどちらが良いのかとか色んな考えが浮かびますね。
結論から言えば心臓血管系に十分な刺激を与えるだけの負荷強度で行えば、エアロビクスとしての効果に大差はないということになります。何れかが他より優れた効果を生むと言うものではないということです。
※重要な負荷設定については後日

ですから選択する際は基本的な効果以外の条件を考えます。
例えば、快適な温度に保たれ天候に左右されない屋内ランニングを選択。マラソンレースに参加するので路面になれる目的で外を走る。
膝に負担をかけないためにインパクトの低いエリプティカルトレーナーを選ぶ。泳ぐのが好きだからプールに行く…などなどです。

特定の競技をするということでなければ色んなものを環境の許す範囲でやるのがベターという結論になります。
同じ動きで同じ箇所にストレスをかけ続けるより分散する方が長期的にみてよいということです。

貴方がいまカーディオエクササイズを始めるとしたら何から選択していきますか?
パーソナルトレーナー紹介

高津 諭

Author:高津 諭
広島県出身
大阪・兵庫を中心に活動するパーソナルトレーナーです。
「食」「鍛」「整」をキーワードに、引き締まったカラダ=LEANBODYな体作りを実践・指導中。
あなたに適した筋トレの方法と、ダイエットの内容をわかりやすく伝えます。プロポーション改善、健康と競技力向上、目標とする身体作りをサポート

★トレーニング指導暦18年
■NSCA-CPT取得 
■NSCA-CSCS取得
■JFSA-トレーニング指導士取得
■NESTA-パーソナルフィットネストレーナー取得
■JATI-トレーニング指導者取得
■食アスリート協会・ジュニアインストラクター
■健康食育ジュニアマスター
    ・
    ・
○GOLD'S・GYM公認パーソナルトレーナー

○株式会社オージースポーツ   パーソナルトレーナー部門プログラムアドバイザー
○スポーツトレーナー協会NESTA JAPAN関西エリアマネージャー

京都産業大学法学部卒業
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代に関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
エアロビクス養成コースでのS&Cや専門学校で講師も担当しながら毎月100セッション以上の指導をコンスタントに行っている。
これまでの経歴を雑誌「NEXT」や「フィットネスジャーナル」で紹介される。
協会や大手フィットネスクラブでの指導者養成も手がける。


※)詳しくはCONTENTS内のプロフィールをご覧くださいませ

カウンター

メールで問い合わせる
LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニングへのお申込み、お問い合わせはこちらです

名前:
メール:
件名:
本文:

LEANBODY(S)TYEパーソナルトレーニングサービス・目次一覧
管理人が運営するブログ