【0005栄養について1】カロリーと3大栄要素

●カロリー
 カロリーとは熱量のことです、食物が体内でどれだけのエネルギーを生み出すか、人間が動くのに用いられたエネルギーはどれくらいかを表す計量の単位です。 1日に必要なカロリー(エネルギー)は、性別、年齢、体格、体組成、運動量によりおおよそ決まってきます。たとえば、身長170cm・体重63kg台で事務作業に従事する30代男性では1600kcal~1900kcalであると見積もられます。作業のオートメーション化に伴い、通常多くの人が軽めの生活活動強度であると考えられ、定期的に運動をされていない多くの方がカロリー過多であると推測されます。基礎代謝量もカロリーで表されます。活動に伴うカロリーを除いた消費量で、骨格筋量や遺伝が大きく影響します



●三大栄養素~脂肪、炭水化物、たんぱく質~
我々が食べ物を口にするということは、すなわち栄養素を体内に入れるということです。消化、吸収され各栄養素がそれぞれの役割を果たすわけです。現在の自分の体は食べ物によって作られていると言っても過言ではないのです。栄養素のうちカロリーを有するものを三大栄養素といい、脂肪、たんぱく質、炭水化物が該当します。

パーソナルトレーナー紹介

高津 諭

Author:高津 諭
広島県出身
大阪・兵庫を中心に活動するパーソナルトレーナーです。
「食」「鍛」「整」をキーワードに、引き締まったカラダ=LEANBODYな体作りを実践・指導中。
あなたに適した筋トレの方法と、ダイエットの内容をわかりやすく伝えます。プロポーション改善、健康と競技力向上、目標とする身体作りをサポート

★トレーニング指導暦18年
■NSCA-CPT取得 
■NSCA-CSCS取得
■JFSA-トレーニング指導士取得
■NESTA-パーソナルフィットネストレーナー取得
■JATI-トレーニング指導者取得
■食アスリート協会・ジュニアインストラクター
■健康食育ジュニアマスター
    ・
    ・
○GOLD'S・GYM公認パーソナルトレーナー

○株式会社オージースポーツ   パーソナルトレーナー部門プログラムアドバイザー
○スポーツトレーナー協会NESTA JAPAN関西エリアマネージャー

京都産業大学法学部卒業
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代に関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
エアロビクス養成コースでのS&Cや専門学校で講師も担当しながら毎月100セッション以上の指導をコンスタントに行っている。
これまでの経歴を雑誌「NEXT」や「フィットネスジャーナル」で紹介される。
協会や大手フィットネスクラブでの指導者養成も手がける。


※)詳しくはCONTENTS内のプロフィールをご覧くださいませ

カウンター

メールで問い合わせる
LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニングへのお申込み、お問い合わせはこちらです

名前:
メール:
件名:
本文:

LEANBODY(S)TYEパーソナルトレーニングサービス・目次一覧
管理人が運営するブログ