【大阪ボディビル】フリーペーパー「筋肉瓦版」連載記事バックナンバーVol.6

 
Vol.6 『オフシーズンは土台固めと根っこの部分の強化を』



 
寒い冬の時期は競技ボディビルの世界はオフシーズンということになります。
この時期には出来るだけ筋肉量を増やし、絶対筋力を高めることを念頭に取り組んでいらっしゃることでしょう。
いわゆる土台作りの期間になりますがここで姿勢や柔軟性についても見直すことをお勧めします。

 バーベルを挙げるというパフォーマンスを最大限に発揮する為には大前提としてヒトとしての機能がきちんと保たれている謂わば根っこの部分がしっかりしている必要があります。ヒトの根っことは即ち直立二足歩行が正しく行えること、言い換えれば良い姿勢、美しい歩き方が出来るということです。

ではどうすればよいか?

①四肢の緊張をとき重力から解放すること、
②意識した呼吸エクササイズで背骨を安定させること、
③自分自身の軸(正中位感覚)を作ることがその基礎の基礎になります。

仰向けになり手足をぶらぶらとゆするだけでもいいですし、ストレッチポールというアイテムを使って行うとより効果が体感できるでしょう。呼吸は床に仰向けになり、鼻から吸って鼻から吐く、を繰り返します。この時、吸気よりも呼気のほうに倍くらい時間をかけます。お腹の深層、中層、表面の腹直筋と順々に収縮していく感覚が正しい呼吸エクササイズになります。最後の軸感覚は、頭からおしりまで焼き鳥の串刺し状態をイメージし、仰向けになり手足を天井のほうに上げ、左右に胴体を揺らすことで芽生えてきます。
 安定した正しい姿勢は無用な怪我を防ぎ、よりパフォーマンス発揮を高めます。   トレーニングフォームには間違ったものなどなく目的に応じて人それぞれ個性的であるものですが、二足歩行というヒト本来の備わった機能は万人共通です。
オフシーズンこそコアトレーニングで根っこを鍛えてパフォーマンスアップに繋げよう!



※大阪ボディビルフリーペーパー「きんにく瓦版」でパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)が連載担当している記事のバックナンバーの紹介です

コメントの投稿

非公開コメント

パーソナルトレーナー紹介

高津 諭

Author:高津 諭
広島県出身
大阪・兵庫を中心に活動するパーソナルトレーナーです。
「食」「鍛」「整」をキーワードに、引き締まったカラダ=LEANBODYな体作りを実践・指導中。
あなたに適した筋トレの方法と、ダイエットの内容をわかりやすく伝えます。プロポーション改善、健康と競技力向上、目標とする身体作りをサポート

★トレーニング指導暦18年
■NSCA-CPT取得 
■NSCA-CSCS取得
■JFSA-トレーニング指導士取得
■NESTA-パーソナルフィットネストレーナー取得
■JATI-トレーニング指導者取得
■食アスリート協会・ジュニアインストラクター
■健康食育ジュニアマスター
    ・
    ・
○GOLD'S・GYM公認パーソナルトレーナー

○株式会社オージースポーツ   パーソナルトレーナー部門プログラムアドバイザー
○スポーツトレーナー協会NESTA JAPAN関西エリアマネージャー

京都産業大学法学部卒業
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代に関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
エアロビクス養成コースでのS&Cや専門学校で講師も担当しながら毎月100セッション以上の指導をコンスタントに行っている。
これまでの経歴を雑誌「NEXT」や「フィットネスジャーナル」で紹介される。
協会や大手フィットネスクラブでの指導者養成も手がける。


※)詳しくはCONTENTS内のプロフィールをご覧くださいませ

カウンター

メールで問い合わせる
LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニングへのお申込み、お問い合わせはこちらです

名前:
メール:
件名:
本文:

LEANBODY(S)TYEパーソナルトレーニングサービス・目次一覧
管理人が運営するブログ