【大阪ボディビル】フリーペーパー「筋肉瓦版」連載記事バックナンバーVol.8

Vol.8 『今月は○○強化月間を行っています!!』

 今年も「ボディビルコンテスト」の季節がやってまいりました。1年間のカラダつくりの成果を発表する、まさに品評会が行われる日です。相手との競争という競技性と同時に、自分自身の成長、進化を確認できるボディビルはフィットネスライフの一環としても非常に有益です。
 ボディビル競技は身体の大きさ、筋肉の形のよさ、そして全体のバランスを競うわけですが、全体のバランスということで、下半身と上半身や腕、肩、腹、脚といったパーツごとに満遍なく鍛えていくのがセオリーです(全面性の原則)。
 一方、数年トレーニングをやっていると発達しやすい部分、しにくい部分で個人差が出てきたり、夏までにどうしても腕を太くしたいんだといった、個人的な要望も高まってくるものです。そこで、今回お勧めするのが「キャンペーン方式」です。例えば、1ヶ月間は、腕を中心にトレーニングプログラムを組んでみる。1日のトレーニングの先頭に「腹筋群」のトレーニングを持ってくる、など一般的なバランスのよいプログラムではなくアンバランスに優先順位をつけたプログラムにしてみるということです。

 強化期間を設けるときの注意点は、強化している部位以外でエネルギーを使いすぎないことです。特に上半身のトレーニングでは、肩、肘、手首といった関節はどこの部位をトレーニングしても大なり小なりストレスを受けます。強化部位+他の部位まで同じように進めていては強化になるどころか、障害を助長してしまいます。仮に「腕の強化」月間であれば、腕のトレーニングを週3回くらいに増やす代わりに、肩、胸、背中のトレーニングは通常の負荷の85%程度に抑えるなどして(ベンチプレス100kgで8回の人は85kgで8回でセットを組む)強化部位が強調されるようにしましょう。トレーニングの効果は「回復」をはさんで得られるという基本をお忘れなく・・・

パーソナルトレーナー紹介

高津 諭

Author:高津 諭
広島県出身
大阪・兵庫を中心に活動するパーソナルトレーナーです。
「食」「鍛」「整」をキーワードに、引き締まったカラダ=LEANBODYな体作りを実践・指導中。
あなたに適した筋トレの方法と、ダイエットの内容をわかりやすく伝えます。プロポーション改善、健康と競技力向上、目標とする身体作りをサポート

★トレーニング指導暦18年
■NSCA-CPT取得 
■NSCA-CSCS取得
■JFSA-トレーニング指導士取得
■NESTA-パーソナルフィットネストレーナー取得
■JATI-トレーニング指導者取得
■食アスリート協会・ジュニアインストラクター
■健康食育ジュニアマスター
    ・
    ・
○GOLD'S・GYM公認パーソナルトレーナー

○株式会社オージースポーツ   パーソナルトレーナー部門プログラムアドバイザー
○スポーツトレーナー協会NESTA JAPAN関西エリアマネージャー

京都産業大学法学部卒業
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代に関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
エアロビクス養成コースでのS&Cや専門学校で講師も担当しながら毎月100セッション以上の指導をコンスタントに行っている。
これまでの経歴を雑誌「NEXT」や「フィットネスジャーナル」で紹介される。
協会や大手フィットネスクラブでの指導者養成も手がける。


※)詳しくはCONTENTS内のプロフィールをご覧くださいませ

カウンター

メールで問い合わせる
LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニングへのお申込み、お問い合わせはこちらです

名前:
メール:
件名:
本文:

LEANBODY(S)TYEパーソナルトレーニングサービス・目次一覧
管理人が運営するブログ